よくあるご質問

模擬国連ってそもそもどんな活動なのですか?
模擬国連は、参加者一人一人が各国・各組織の代表となり、国連を始めとする国際会議をシミュレートする活動です。軍縮、気候変動、貿易、SDGsなど、模擬国連で扱われるテーマは多岐に渡り、国際情勢について、幅広い分野の理解を深めることができます。また、単にリサーチを行うだけでなく、議題となっている問題における対立構造や問題の原因を分析すること、会議を自らにとって優位に進めるために戦略を立てること、他者に自らの意見を分かりやすく発信することなど、様々なスキルが必要となるため、多様な力を磨くことができます。

模擬国連の未経験者・初心者でも参加できますか?
もちろんです!今大会では、6つの会議を開催致しますが、どの会議でも手厚く参加者をサポート致しますので、ぜひともご参加ください!ちなみにですが、例年参加者の半数以上が、新メン(模擬国連を始めて1年目)・旧メン(模擬を始めて2年目)となっております。

模擬国連における会議での使用言語は英語ですか?
一般に大学模擬国連では、議事進行は英語、議論や交渉時には日本語が用いられており、使い分けがなされています。今大会で実施される会議においても、基本的にこのスタイルが踏襲されています。ただ、今大会では実施しませんが、英語で会議を行う「英語会議」が開催されることもあります。

関西大会ってどんな大会なのですか?
関西大会は、日本模擬国連(JMUN)主催の4つの全国大会の1つです。関西大会以外には、九州サマーセッション(9月)、北陸大会(11月)、全日本大会(12月)があります。関西大会は、毎年8月に開催され、模擬国連に一夏を捧げる、熱意ある参加者が関西の地に集います。毎年200人以上が参加する、模擬国連の全国大会の中では非常に規模の大きな大会です。

どんな会議が開催されるのですか?
開催予定の会議については、別途議題紹介のページをご用意しておりますので、そちらのページを参考になさってください。

会議以外の大会イベントはありますか?
ございます!会議に加え、全国から集まった参加者との交流の場として、レセプションや懇親会など、いくつかの企画を準備しております。詳しい内容については、ホームページの関連するページを参考になさってください。

大会や会議に関する詳しい情報が知りたいのですが、どうすれば良いですか?
大会に関する情報は、大会公式ホームページや公式SNSアカウント(Twitter・Facebook・Instagram)で随時発信して参りますので、その情報を参考にしていただければと思います。各会議に関しては、公式ホームページの会議に関する項目に加え、会議ごとのSNS で随時情報を発信して参ります。また、5月に関西・関東で、開催会議のフロントを集めた座談会を開催予定です。その場では、参加者の皆様とフロントが直接相談できる場を設ける予定です。

トップへ戻る